スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚回避 離婚したくない > 離婚回避 離婚したくない場合

離婚回避 離婚したくない場合の方法

離婚回避

離婚を回避したい、離婚したくないと思っていても、思い通りにいくことは多くありません。
離婚を回避するため、夫婦の復縁、家庭の修復のための方法はどんなことがあるのでしょうか。

相手が離婚したい理由を考える

相手が離婚したい理由は?夫婦として足らない部分は?今までの相手への接し方・態度は?
夫婦として自分の反省点をきちんと見極め、夫婦間の弱点を理解することで、今出来ること、今しなくてはならないことが見えてきます。
離婚に向かってしまった原因をしっかり把握しなければ、離婚回避したとしてもまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。
それでは離婚を回避したとしても、根本的な解決ではないのです。

今できることから、離婚しないで済む方法を探る

相手が離婚したいと思っている状態から、すぐに離婚回避できるわけではありません。
小さなことからコツコツと始めていくことで、相手の気持ちを取り戻すことができます。
諦めてしまうことは簡単です。どんな辛い状況でも、全力で出来る限りの手を尽くすことが大事です。 離婚したくないなら、相手に対して全力を見せて、あなたの想いに気づかせる必要があると思います

愛情表現の仕方でも、今まで恥ずかしくて出来なかったこと、照れ臭くて出来なかったことなど、一緒にいる夫婦のうちにしなければ、離婚した後では出来ません。
「こうしてあげたい!」「ああしてあげたい!」と思うことがあるのなら、それを今行なうべきなのです。
「こうしてあげれば・・・」「ああすればよかった・・・」では、後悔するようなことになってしまうのです。
愛情を出し惜しみしてもいいことはありません。
自分の選んだ愛する人の気持ちを取り戻せるのは、その相手に選んでもらった自分なのです。

夫婦修復できる離婚回避ポイント

家に帰って来る

配偶者が不倫してることを隠さないでいるにも係わらず、きちんと家には帰って来ているケース。
不倫相手の家などに滞在しても、数日後には家に帰って来るのなら、家庭の居心地も悪くはないのでしょう。
別居を始めて数年経ってしまったり、全く帰って来なくなったり、別居期間が長期化するほどに離婚回避が難しくなってしまう傾向にあります。

子供には愛情がある

配偶者とは離れられても子供とは離れられない人は多いものです。
子供をキッカケに家庭を見直して大切にしようという気持ちが芽生えることはよくあることです。
子どもの存在が、夫婦の絆を深めてくれることで家庭の大切さ、家族の大切さを再認識できるでしょう。

生活費は入れている

配偶者の家庭に対する思いや情は、きちんと生活費を入れてくれるかどうかで判断できます。
離婚したいと言いつつも生活費を入れてくれるのであれば、家庭を心配する気持ちがあるのです。
情があるうちは離婚回避できる可能性は高いです。

暴力は一切無い

暴力と一言で言っても、暴力には、身体的な暴力精神的暴力、などがあります。
身体的暴力は、精神的に弱い人に多く見受けられる傾向にあります。
精神的暴力は、暴言や、物にあたるなど、直接身体に危害を加えるわけではありませんが、精神的に恐怖心を与えるものがこれにあたります。
第三者には説明し難い、気持ちを伝えるのが難しい暴力です。
しかし、これらが該当しない状況は、比較的に冷静に話し合うこともできるので夫婦としてコミュニケーションを取りながら、離婚回避方法を見つけましょう。

浮気、不倫はしていない

配偶者が浮気・不倫相手に夢中になっている以上、夫婦間のみでの修復は難しくなります。
浮気・不倫相手との関係を清算し、解消しないことには家庭や夫婦を顧みることをしません。
よって、この愛人との三角関係をどのようにして解消するのかが夫婦修復のポイントになってきます。
しかし、パートナーには愛人はいなく、全く浮気・不倫が見当たらないのであれば、家庭の不和・夫婦間の別の問題と判断できますので、離婚したい理由をよく聞いて比較的に冷静に話し合うこともできるので夫婦としてコミュニケーションを取りながら離婚回避方法を見つけましょう。

身内が応援してくれる

夫婦間での問題が身内ににまで知られている場合、原因をつくっている側は身内から非難されてしまいます。
このような場合、離婚を回避できるように両家の親族たちも味方してくれるでしょう。
しかし、原因ある側の身内とも揉めてしまうと離婚に向けて加速してしまうこともあるのでうまく立ち振る舞って理解してもらえるように離婚回避しましょう。

経済的な不安

リストラや失業、事業の不振や失敗など、配偶者の経済的な不安を発端とする状況から離婚の話に展開する場合もあります。
家族の協力によって節約などに励むことで経済的な苦境を乗り切ることが必要になります。
このような時ほど、夫婦間・家族間の対話が必要不可欠です。
よく話し合って経済的な不安という事実を受け止めながら、それを乗り越えることで離婚という家庭崩壊の危機を家族の団結に転換させるようにするのです。
こういう状態のときほど夫婦協力し合って、この困難を乗り切ることで離婚回避に繋がります。

一人で悩まずに相談してみる

どうしても離婚したくない場合、復縁させることを業務とする探偵に依頼することも手段の一つです。
夫婦の問題ですが、一人ではどうにもならない場合も少なくありません。
離婚が成立してしまえば、後悔しても遅いということになってしまいます。

復縁屋探偵はいくつかありますが、復縁の相談なら総合探偵社ミッションエージェントをお勧めいたします。

復縁 – 総合探偵社ミッションエージェント
復縁エージェント

↑PAGETOP