スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚回避 離婚したくない > 離婚後に復縁するには

離婚後に復縁するには

離婚の原因を分析し、繰り返さない

離婚原因で一番多いのは、「性格の不一致」です。
しかし、そもそも、夫婦関係だけでなく、すべての男女間で性格の全てが合うということはあり得ません。

また、男性の意見や女性の意見というように男女間における意見の相違も性格の不一致と判断されます。
要するに、夫婦として性格の合う部分は良しとして、不一致な部分があること自体は当たり前のことで、お互いに個性がある以上は意見もあるはずです。
意見がぶつかり合えば溝が出来てしまいます。
夫婦とは、その溝を埋めるように努力し合うことを意味します。

よって、離婚後復縁したり、夫婦関係を修復するためには、夫婦が離婚に至った考え方の違いの溝を埋めていくという作業が必要となります。
夫婦の関係がこじれてしまった原因・理由を分析し、冷静に相手の心境心理を解読して関係の修復を計ることが必要なのです。

  • 相手の意見を聞き入れて、尊重できるように気持ちの余裕を持つ
  • 夫婦間に子供がいるなら、良き親として振る舞い責任感をもつ
  • 浮気が原因の場合には、浮気を解消して信頼回復に努める
  • 借金が原因の場合には、借金返済に努めてから経済的余裕も持つ
  • 身内や親戚からの反対意見に負けないように印象の回復に努める

上記のようなことが必要になります。

どうしても復縁したいなら

また、どうしても離婚相手と復縁したい方に向けて、復縁工作を事業としている探偵社もあります。
総合探偵社ミッションエージェントではスタッフが、依頼者と復縁したい相手との仲を取り持つための工作をいろいろと仕掛けてくれます。つまり、恋のキューピッド役ですね。

復縁 – 総合探偵社ミッションエージェント
復縁エージェント

すでに離婚してしまったとしても、恋愛して、結婚して、夫婦として暮らしてきた延長線上にあることは事実です。
そのことをよく理解して、結婚生活を共にした相手に感謝してほしいと思います。
夫婦の歴史、その思い出は夫婦にしか知りえない、かけがえのない財産のはずです。
離婚してしまった今からでも決して遅くはありません。
もっともっと、相手を思いやって理解してあげてください。相手に思いを伝えるのは言葉と行動です。
相手にふさわしい自分になれたとき、復縁に向けて動き出しましょう。
辛いことは半分に、嬉しいことは二倍できる関係が夫婦だと思います。

↑PAGETOP