スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚回避 離婚したくない > 円満調停

円満調停

離婚回避のための調停

「調停」というと一般的には、「離婚するための話し合い」というイメージがあります。
しかし、「夫婦として仲を取り戻したい」、「夫や妻の問題点を改めたい」といった夫婦関係を修復するための話し合いにも利用することができます。これを「円満調停」といいます。
離婚を回避するために夫婦の問題点を解決して、あくまでも円満な話し合いをもって夫婦関係を取り戻そうというものです。

一方的に離婚したいと言われても、離婚したくない場合は、まずは相手と話し合うことが大切です。
もっとも、なかなか話し合う機会がもてなかったり、当事者間では冷静な話ができない場合は、家庭裁判所で調停をします。
具体的には、愛人と別れるよう求めたり、生活費を渡さない配偶者に支払いを求めたり、別居している配偶者に同居を促すといった話し合いが可能です。

「円満調停」では家庭裁判所の調停委員が間に入り、夫婦双方から話を聞きます。
そして今後どうするれば夫婦関係が改善できるかなどについて、アドバイスや解決案を示しながら話し合いを進めていきます。
その結果、夫婦で話し合いがまとまれば調停成立となり、合意した内容が「調停調書」に記されます。
ただし、合意を強制することはできません。
合意ができなかった場合は「調停不成立」となり、他の離婚回避方法を考えることになります。

↑PAGETOP