スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚回避 離婚したくない > 離婚復縁

離婚して復縁する

離婚相手との復縁希望は多い

離婚してしまった後、離婚相手と復縁を望んでいる人は少なくありません。
突然、離婚を切り出されたり、相手の言うがまま離婚に応じてしてしまい、離婚後に後悔してる方は意外に多くいらっしゃいます。

離婚後に連絡を取り合う元夫婦や子供との面会での元夫婦としての接触において、やはり夫婦としてやり直したい、よりを戻したいと感じるのです。
離婚理由はどうであれ、元夫や元妻と離婚後に復縁したいと思うようになるケースは増えてきているのです。

失って初めて気付く

離婚して初めて夫婦お互いの存在の意味を知り、その大切さに気づき、「なんで離婚してしまったのだろう・・・」と考えます。
離婚後の孤独感や生活苦、寂しさがそう気付かせてくれたのでしょう。
夫婦として復縁するために、家族として修復するために何をするべきか考える必要があります。
自分に原因のある離婚だったのか?元配偶者の今現在の生活環境?自分の気持ちを受け入れてくれるのか?連絡は取り合っているのか?元夫婦といっても離婚してしまえば他人です。
また、元夫婦の間に子供がいるなら、その子供の気持ちも尊重する必要があります。

  • 相手の環境や心境を無視して強く復縁を迫る、暴言を吐く
  • 用事も無いのに頻繁にメール・電話をして様子を伺う
  • 恋人がいると錯覚して行動や態度を干渉し探ってしまう
  • 自殺すると相手に迫る
  • 子供や親戚を過剰に利用して復縁を迫る

しかしこれでは関係の修復どころか悪化の一途となって余計に嫌われてしまいます。
「復縁したい」と真剣に考えれば、相手との気持ちの温度差・距離間に気を付けて、修復するための言動が必要になるのです。
相手に対しての表現の仕方・接し方ひとつで、今後の方向性が大きく変わってくるのです。

時間をおいたほうがいい場合

時間をおくことを必要とするケースもあります。
言い換えれば、時間しか解決できない状況もあるということです。
相手を想うあまりにストーカーのような行動を取ってしまい、自ら誤解を招き、理解してもらえないまま自滅してしまうケースです。

「時間が経つと忘れられてしまう」、「新しい恋人との恋愛が進行してしまう」などの心配や不安からの行動とは思います。
相手の心境を考えない行動により自滅の道を選んでしまうなら、“何もしない”ことをお勧めします。
時間をおくことで連絡を取り合える仲に戻れるケースもあるのです。
時間を掛けてでも確実に復縁出来る方法を選ばなくては何の意味も無いのです。
焦って間違った行動を取れば復縁するにあたり余計に時間がかかってしまうだけなのです。
二人の関係がこじれてしまった原因・理由を分析し、冷静に相手の心境心理を解読して関係の修復を行っていくことが必要なのです。

それぞれに離婚に至った状況、考え方に違いはありますが、皆さん気持ちはひとつです。
「離婚した相手と復縁したい」という願いです。愛する人の大切さ、尊さに気付かれた人たちなのです。

↑PAGETOP