スマホ版サイトを見る

離婚したいという判断は本心ですか?

離婚したい、離婚したくないというご相談を毎日のように頂いております。

夫婦ケンカは犬も食わないと昔から言いますが、喧嘩の度に売り言葉に買い言葉で

離婚だ、出て行け、出て行くという話になってしまう方からご相談も多くございます。

お互いの主張が通らない、自分の見解が認められないから喧嘩になるのですが

喧嘩するたびに安易に離婚という言葉を使ってしまう人は、もし本当に離婚となった時に

本意でなかったのにという後悔を伴うでしょう。

なんであんな事を言ってしまったのだろう、何とか復縁したいですというご相談が多いのです。

このケースは結婚生活が長かった方に多いような気がします。

熟考を重ねて、心から離婚したいと思われるのであれば離婚という選択肢は

やむを得ないでしょう。

しかし瞬間湯沸かし器にのように一時の感情で、即離婚したいという発想になってしまう人は

早急に改善しなければ、現在の配偶者と関係を続けるにしても、別の方と再婚されても

長くは続かないはずです。

その瞬間は離婚してもいいという気持ちに支配されているかもしれないですが

離婚という言葉は最低でも1~2日はよく考えてから出すかどうかを決める習慣を作ってください。