スマホ版サイトを見る

親権について

婚姻関係にある場合は、お子さんにとっての父親と母親が共同して

親権を保有していて、お子さんを監護する義務も負っている。

離婚する場合は、未成年のお子さんの親権を決定しなければ成立しません。

夫婦間における話し合い(協議)で決まらなければ、調停や裁判という手続きによって

親権者を決めなければなりません。

親権者になるためには、お子さんを養育していくための環境が

整っているかどうか(経済的・お子さんの精神的)が問われます。

また、お子さんが15歳以上なのであれば、お子さんの意見も

親権者決定に反映される要素となります。

逆にお子さんが幼いのであれば、母親の方が親権者に向いていると

判断されやすいですが、お子さんを養育できる環境が揃っていないのであれば

お子さんが幼くても父親の方に親権が行く場合もあるのです。

詳しくは弁護士などの専門家にご相談下さい。