スマホ版サイトを見る

不倫の慰謝料

今年は不倫問題が大きくクローズアップされました。

まず、既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶと

不貞行為という違法行為となります。

この不貞行為が配偶者に発覚した場合、配偶者は

あなたと不倫相手に慰謝料を請求する権利が発生致します。

慰謝料請求すると、ご自身が離婚しなくてはいけないのではないかと

思われている方が多くいらっしゃいますが、慰謝料は不倫されてしまったことに

対して、精神的な苦痛を被ったあなたが、配偶者や不倫相手にその精神的な苦痛の

代償として、慰謝料という金銭を請求することです。

よく、不倫相手や配偶者が開き直って、「慰謝料を払うから離婚しろ」と

迫ってくる場合がございますが、あなたが離婚したくなければ離婚する必要はないのです。

詳しくは弁護士などの専門家にお問い合わせ下さい。

また、浮気の証拠が欲しい、不倫関係を解消させたいというご相談が

ございましたら、お気軽にお申し付け頂ければ幸いです。