スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚方法 離婚の仕方 > 離婚方法 離婚の仕方について

離婚方法 離婚の仕方

離婚方法って?離婚の仕方がわからない

離婚は、夫婦が話し合って離婚することに納得してから離婚する方法と、家庭裁判所などの公的機関が夫婦の間を仲裁して離婚をするいくつかの方法があります。
結婚する時と違って、離婚する時には、二人の考え方や意見に相違があり、離婚に絡む多くの問題を含んでいます。
夫婦当事者の話し合いだけでは、話が平行線だったり、まとまらない場合も多いので、弁護士を介入させたり、裁判で争う場合もあるのです。

4つの離婚方法

離婚には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4つの方法があります。
夫婦が話し合って離婚を決意し、離婚届を記入して市区町村役場に提出し、受理されると協議離婚が成立します。
夫婦が話し合いでも解決できず、離婚に合意できない場合は、調停離婚、審判離婚、裁判離婚のいずれかの方法で離婚することになります。
但し、調停離婚の場を持って、調停員の仲裁でも解決できない場合に裁判離婚へと発展します。
いきなり離婚についての裁判を起こすことはできないのです。

協議離婚・調停離婚が離婚の仕方としてポピュラー

離婚する多くの夫婦が協議離婚・調停離婚で離婚に至っています。
話し合いでは解決しない場合や調停の場をもっても離婚の合意を得られない場合には審判離婚・裁判離婚に発展しているのです。
この離婚方法によって、離婚するまでの期間や提出書類など、離婚までにするべき事の内容は変わってきます。

夫婦に未成年の子がいる場合には、夫婦のどちらが親権を持つのかを決めなければ離婚をすることはできませんし、慰謝料、養育費、財産分与、面接交渉権などの離婚問題を解決する必要があります。

一人で悩まずに相談する

離婚を決意したら、離婚したい理由、離婚する目的に合わせて優位に離婚する方法を考えなければなりません。そのためには離婚に関する専門の知識や、別れさせ屋工作における有利な離婚方法も必要になる場合が多いのです。

離婚する時には夫婦二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために身内が離婚を認めないケースも多いのです。
その為にも周囲の人には“離婚に至った経緯”を知って頂く必要があるのです。
周囲の理解を得ることが出来れば、夫婦不仲→離婚という結果になることも考えられます。

そのために、別れさせ屋が離婚してくれない相手に対して、異性の工作員を接触させて不貞行為の証拠をつくります。
離婚できる理由、離婚できるきっかけを、別れさせ屋工作という方法を用いて作り出すのです。

上記方法は、別れさせ屋を利用した場合の「離婚できる方法」です。
夫婦間に解決できない不満や悩みがあり、離婚したいけど離婚できる理由のない場合などに用いられています。
この離婚させる方法は対象者となる配偶者の性格・環境によって異なります。

別れさせ屋を利用することを考える場合には、絶対的にその必要性を感じた時、離婚できることで今の状況より良い環境をつくれると判断できる時にしましょう。
入念な打ち合わせと、離婚できる工作技術が必要となります。
別れさせ屋を利用する場合、対象者となる配偶者に適した離婚できる方法を用いなければいけません。
まずは今現在の状況を踏まえて離婚できる方法を考えてみましょう。

↑PAGETOP