スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚方法 離婚の仕方 > 離婚準備 > 離婚準備について

離婚準備について

離婚準備は離婚を告げる前にする

離婚を決意してから、配偶者に対して「離婚してほしい」と告げるまでに、色々と離婚準備をする必要があります。
離婚が成立してからでは手遅れになってしまったり、「離婚したい」と告げてからでは遅くなってしまうケースがあるのです。

離婚準備をしないで離婚を告げてしまうと、相手に離婚原因の証拠を隠されてしまったり、夫婦共有の財産を使われてしまうかも知れません。
これでは不利な状況になってしまいます。
このような状況にならないように離婚後の生活をどのようにするか、真剣に考えなくてはいけません。
離婚後、自分で生活できる経済力を持ち、住む場所を確保して生活設計をきちんと立てなくてはいけません。
子供を引き取る場合は、なおさらのことです。

逆に相手から「離婚してほしい」と切り出されたら、心の準備をしっかりして、その時点から離婚準備を始めましょう。
離婚を切り出されても離婚したくない場合には、夫婦として修復できるように努力する必要があります。
円満な家庭を取り戻すまでには、期間も労力も掛かると思いますが、相手の言い分を簡単に受け入れてしまえば後悔することになってしまいます。

「離婚してもいい」と思ってもその場で安易に考えて即答をしてはいけません。
きちんと離婚準備を進めてから返事をするようにしましょう。
いずれにしても離婚するなら、自分が不利な離婚条件になってしまわないように、優位に離婚話を進めて有利に離婚しましょう。

離婚準備に必要なこと

離婚準備にあたっては下記の事項を考えましょう。

  • 相手に法的離婚原因がある場合には、その離婚原因の証拠を確保する。
  • 弁護士費用・引越し費用・別居した場合の婚姻費用や生活費用を把握する。
  • 現金・不動産・保険・有価証券・年金・車など夫婦の共有財産と自分の財産を把握する。
  • 慰謝料・財産分与・養育費・年金分割・退職金など相手に請求できる金額を把握する。

離婚準備は、相手との交渉を含め、時間が掛かることと、精神的にも経済的にもある程度は覚悟をしておく必要があります。
離婚準備は、経験したことがなければ不慣れなことばかりですから、面倒だといって諦めてしまえば離婚後に苦労することになってしまします。
離婚したい気持ちが本気なら、離婚後のことをきちんと考えて、今やるべきことをしっかり対処する必要があるのです。
離婚準備をしていく中で、心の整理もしていくことができます。
離婚準備をしっかりして離婚した人は、離婚後の第二の人生のスタートもうまく行くものです。
離婚準備もまた「備えあれば憂い無し」なのです。

離婚する際の問題を予め考えておく

離婚をするにあたって様々な問題が考えられます。 これらを事前に考えておきましょう。

苗字の問題

離婚後に、苗字を結婚前の旧姓に戻すべきか、現在のままでいるべきか、悩むこともあるでしょう。
子供がいる場合には、学校で急に苗字が変わることで、うまく対処できるのか心配になります。

親権の問題

夫婦に未成年の子供がいる場合、夫婦のどちらが親権を取って子供を引き取るのか決めなければなりません。
子供を最優先に考えて親権者を決めます。
親の勝手な都合や一時的な感情では親権を主張できません。

財産分与、慰謝料の問題

夫婦共有の財産に関しては、その財産分与ついて請求することが可能です。
配偶者の財産と共有財産をしっかりと把握しておく必要があります。
慰謝料については、状況によって支払われるケースと支払われないケースに分かれます。
財産分与は離婚後2年以内、又慰謝料は3年以内に請求しなければ、請求する権利を失ってしまいます。

養育費の問題

養育費の金額・支払い日・支払い方法などをきちんと詳細に決めていく必要があります。
離婚後のトラブルを防ぐために書面にして公正証書にしておくと良いでしょう。
支払われない場合には強制執行が可能になります。

面接交渉権の問題

子供を引き取ることが出来なかった親には、離婚後にも子供と会うことができる「面接交渉権」が与えられます。
どの位の頻度で・何処で・何時間までなど夫婦で話し合って決める必要があります。

公的援助、公的支援の問題

子供を抱えて離婚する人のために、児童福祉手当て・児童扶養手当・母子父子家庭医療費助成・税金の減免・母子生活支援施設・義務教育就学援助制度など、母子家庭を支援している制度が多くありますので、うまく活用できるように理解するようにしましょう。

↑PAGETOP