スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 熟年離婚 > 熟年離婚について

熟年離婚

熟年離婚とは

熟年離婚とは、長年連れ添ってきた夫婦が、その結婚生活にピリオドを打って離婚することをいいます。
一般的には、20年以上連れ添った夫婦の離婚を熟年離婚と呼んでいます。
近年、日本の離婚件数は増加していますが、中でも熟年離婚件数は増え続けています。今では、熟年離婚する夫婦の件数は年間4万件以上で、全離婚件数の20%を占めているそうです。
一時期、減少傾向にありましたが、それは2007年4月の年金分割制度開始を待っていたからではないかと言われ、これからまた熟年離婚件数が増加することが予想されます。

20年以上連れ添った夫婦が、今になって離婚する原因は一体何でしょうか?
増加の原因の一つに、男性は家のことは全くしないで、家事や育児は女性がするのが当然と思っている人が多いことが挙げられます。
女性は年中無休で家事を頑張っているのに、男性は家でゴロゴロして妻を召使いのように何十年もこき使っていれば、熟年離婚を考える女性が増加してしまうのは当たり前のことではないでしょうか。

また、「思いやり」が足りないことも、熟年離婚の増加の原因の一つと言えるでしょう。
長く夫婦をしていると、いちいち口にしないでも空気を読むことができるようになります。このようなことから言葉を交わさなくなって、相手に伝える感情も言葉に出さなくなります。
「好きだ、愛してる」はさておき、「ありがとう」や「お帰りなさいという感謝の言葉も言えず、「おはよう、おやすみ」すら男性の方は“心では感謝しているんだからいちいち口に出すことではない”と考えておられる方が多いようです。
しかし、この感覚こそが熟年離婚を生み出してしまうのです。
思いというのは言葉にしなくては通じません。

↑PAGETOP