スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚慰謝料 > 離婚慰謝料について

離婚慰謝料

離婚慰謝料とは

慰謝料は、不貞行為や離婚原因によって受けた精神的、肉体的な辛さ・苦痛を金銭という形で償うための損害賠償請求金額をいいます。
離婚における慰謝料は、相手に離婚原因をつくった責任がなければ請求することはできません。相手の行為によって離婚せざるを得なくなったような場合などに請求することができます。

慰謝料には離婚の原因をつくった側が支払う離婚原因慰謝料と離婚により配偶者としての地位を失うことによる離婚そのものに対する慰謝料があります。
離婚原因が、「不貞」や「暴力」など、明らかに一方的に過失責任の判断ができる場合は慰謝料を請求することができます。
不貞行為の場合、精神的苦痛を受けた配偶者は、不倫相手に対しても、慰謝料として損害賠償を請求することができます。

離婚慰謝料を請求できない時もある!?

「性格の不一致」や「価値観の相違」など、その責任がどちらにあるか判断できない場合は、原則としてお互いに慰謝料を請求することはできません。また、円満な協議離婚の場合も、慰謝料の請求はできません。

まずは、どちらが離婚原因をつくったのかを明らかにして、慰謝料を支払う側ともらう側の立場をはっきりさせること、どちらの方が責任は重いのかが重要になります。
慰謝料は必ず貰えるものではありませんし、必ず支払わなければいけないものでもないのです。

離婚慰謝料の請求可能期間

慰謝料の請求可能期間は損害を受けた、及び原因が判明した時から3年間です。
例えば、離婚の原因が不貞行為の場合、不貞の事実とその不倫相手との関係を知った時点から3年以内であれば請求することができます。
慰謝料の金額や支払方法については、夫婦の話し合いで決めます。
話の折り合いがつかない場合は、裁判所での調停・裁判で決めることになります。裁判では、離婚原因、精神的苦痛の程度、婚姻期間、相手方の財産や収入などを考慮して、裁判官が公平の観点から自由裁量によって定めます。
慰謝料の金額や支払い方法を決めたら、それを書面化して公正証書にしておくことをお勧め致します。
よく、慰謝料と財産分与を合わせて考えられている場合が多いので、離婚時の慰謝料を決める時は、その金額が財産分与を含んでいるものか確認しておくべきです。

↑PAGETOP