スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚慰謝料 > 離婚慰謝料相場

離婚慰謝料相場

離婚慰謝料の相場

離婚する時の慰謝料は、法的に金額が定められているわけではありません。
離婚の慰謝料の金額は、夫婦の婚姻中における同居期間や別居期間、精神的な苦痛の度合い、当事者の年齢、子供の有無、共有財産・収入の額や経済力、養育費の額、親権等を考慮して決めることになります。世間相場や過去のデータに基づき金額を算定します。慰謝料を請求する側にも責任がある場合は、減額されることもあります。

精神的苦痛に対する慰謝料には、相場というものがありませんのでいくら請求しても構いません。
しかし、払えない金額を請求しても払ってもらえないなら意味がありません。
よって、相手の状況を考慮した上で現実的な金額を請求することが望ましいのです。

例えば、年収が300〜500万円に人に、800万円請求したとしても、払えない可能性は高いのです。
分割払いを希望されることもよくあるようですが途中で払わなくなってしまう可能性がありますので、出来る限りは一括払いで支払える金額を決めた方が良いでしょう。
また、請求金額よりも低い金額に決まって落ち着く傾向にありますので、始めから少し多めの金額で請求をしておくと良いかもしれません。
一般的に慰謝料は、200〜300万円が一番多いようです。

↑PAGETOP