スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚問題 > 離婚問題について

離婚問題について

「離婚したい」、「離婚したくない」、「できるならやり直したい」、「もう離婚しかないのか?」

離婚の決意は、結婚の時はまるで違い、決断がどうしても鈍くなります。
たくさんの思い出や夫婦や家族にしかわからない大切な時間を共有してきたのですから簡単に忘れること、捨てることは出来ません。
今、決意しようとしている「離婚」は本当に正しい選択でしょうか?

離婚をするべきかどうか迷っている

離婚か、修復か、判断に迷っている方も多くいることでしょう。
他人からすれば、ただの夫婦喧嘩に見えても、夫婦にとっては「離婚」を真剣に考えてしまうほど深刻な状況もあるのです。
また、精神的・肉体的・経済的に大きなダメ−ジを受けているにも係わらず、誰にも相談できずに「自分一人が我慢すれば・・・」とじっと耐え忍んでいる方、世間体や子供の将来の問題を考えて「自分のためだけに離婚してはいけない・・・」と考え、離婚せずに耐えて、周囲とのバランスを一生懸命に保っている方、置かれた状況は人それぞれ違いますが、「離婚」という新しい人生に踏み切るべきなのか、迷い考えている方たちなのです。

一人で悩まない

様々な離婚相談の中にも、早期に離婚を決断した方が良いと判断するケ−スと、夫婦の努力で離婚を回避して、元の夫婦関係を取り戻すことができるケ−スがあります。
離婚を決意したら、離婚したい理由、離婚する目的に合わせて優位に離婚する方法を考えなければなりません。そのためには離婚に関する専門の知識や別れさせ屋工作における有利な離婚方法も必要になる場合があるのです。

また、夫婦関係を修復して、夫婦としてよりを戻すにあたっては、ご本人における夫婦改善の努力や復縁工作において、相手の本心を聞き出した上で修復方法見つけ出し、離婚回避や夫婦復縁を目指します。
自分ひとりで悩んでいても解決できない時は無理をしないで相談してみることもひとつの方法です。
最終的な決断はご本人様になりますが、「離婚する」、「離婚しない」、どちらの場合でも自分の意思・主張を強く持って今の状況に立ち向かって下さい。
ご自分に適した解決策を当サイトから見つけることが出来れば幸いです。

↑PAGETOP