スマホ版サイトを見る

離婚エージェント > 離婚問題 > 離婚理由、離婚原因 > セックスレス離婚

セックスレス離婚

セックスレスの定義

一般的に夫婦間において性交が無い状態が一ヶ月以上継続した場合、または不可能な状態のことをセックスレスと言います。
また、それに近い男女のスキンシップが無い状態もセックスレスと言われます。
セックスレスな状態というのは、セックスをしたいけど出来ない場合と、したくない場合とに分かれます

健康面などの身体的理由が原因でセックスレスに至っている場合には、専門の医療機関に問い合わせての治療やカウンセリングが必要になるでしょう。
夫婦としての協力と乗り越える努力が必要になります。
病気になったパートナーを見捨てるように簡単には離婚出来ないのと同様に、性的に不能になった夫に対して一方的に離婚請求することはできません。

相手に対する気持ち・嫌悪感などの精神面から性交渉をしたいと思わない場合には、夫婦関係に問題があると言えるでしょう。
倦怠期、マンネリ、ストレス、疲労、子供、住宅事情、浮気、不倫・・・様々な原因や要因が考えられますので自分たちの夫婦には何が足りないのか?何を補うべきなのか?を考えなくてはなりません。
セックスレスになってしまったのですから、何か原因があるはずです。
その原因を追究して夫婦のピンチから脱出しましょう。

離婚原因の上位にセックスレスがある

セックスレスの原因は?

まずはセックスレスの原因は何か?を考えます。

  • 面倒くさい
  • 疲れている
  • 子供を産んでから
  • 男女というより家族的になってしまった
  • 外で浮気している
  • セックスの相性が合わない
  • 体のコンプレックスを悪く言われた
  • 過去の事を許せないで引きずっている
  • 子供が欲しい為だけだから
  • 性的異常者だから

夫婦がお互いに愛情を持って生活を送る中で、セックスもまた重要な営みの一つといえるでしょう。
この夫婦において大切なセックスというコミュニケーションを怠っていると、配偶者に対しての愛情が薄れてしまったり、今後の夫婦生活を送っていく自信が無くなってしまったりします。

セックスレス状態が続くことは危険

実はこのようなセックスレス状態が続くことが夫婦にとって最も危険なのです。
夫婦関係がうまくいっていない状況の中で、タイプだったりする異性に誘われたり、惹かれたりすれば、忘れていた恋愛に夢中になって気が付けば不倫の関係になっていたりするのです。
このようにセックスレスが原因で心身共に満たされていない状態でいると、誰かでそれを満たしたくなってしまうのです。

自分だけではなく、配偶者も同じ環境である以上、同じことが言える可能性は高いでしょう。
特に女性は、気持ちが満たされていると浮気はしません。
寂しい思いや不安があると女性は誰かに頼りたくなる傾向が強いです。
しかし、そんな時にセックスレスの夫に不安や悩みを打ち明けてもしっかりと話を聞いてくれたり、受け止めてくれるとは思えません。
セックスレスな夫婦ほど不倫の危険性は高いのです。

「夫婦間の性的交渉は夫婦生活に伴う健康な営みで、夫婦のあり方として大切なもの」
として、裁判所もその重要性を認めています。
セックスレスでも、お互いの同意があれば全く問題無いのですが、これがどちらかの性交渉拒否となれば、話は違います。
どちらかの性交渉の拒否が長期間に及ぶ場合には、婚姻関係を継続し難い重大な事由にあたるとして、裁判でも離婚が認められる傾向にあります。

但し、性交渉の拒否理由が、年齢や病気などの身体的理由からの性交不能の場合はこの限りではありません。
本来、婚姻は子孫の繁栄も重要な目的の一つであり、夫婦当事者が性的交渉を期待するのも自然のことなのです。
上記以外の離婚理由としては、異常な性欲、異常な性的嗜好、同性愛などが 婚姻を継続し難い重大な事由にあたるとして離婚が認められています。

セックスレスを解消するには

夫婦としてずっと身近にいる存在ですから男女の意識が薄れてしまっていることは当然あるでしょう。
なんとなくしないまま時間が過ぎてしまい、今さら誘いづらい、言い出しづらい状況もあるでしょう。
既にほとんど会話らしい会話もない夫婦が、いきなりセックスレスを解消することは不可能です。

しかし、夫婦である以上、そのまま放っておいては解決できません。
時間が経つほど夫婦の溝は深まってしまいます。

些細なことがセックスレス解消のきっかけになる

まずは原因を追究して、セックスレスを解消しなくてはいけません。
そのためには夫婦としてもそうですが、男女としての努力と工夫が必要です。

日常のスキンシップから改善してみると良いかもしれません。
連絡をマメに取るようにしたり、会話に気を使ったり、話す回数を増やしたり、コミュニケーションの取り方を考えてみると良いでしょう。

普段しない服装や普段行かない場所に行くことも一つの方法です。
二人きりで外で食事したり、ホテルに行ってみたり、旅行に行ってみたり、場所が変われば新鮮な気持ちにもなれます。
日常から離れてみることです。一時でも良いので時間をつくって今までの生活を振り返り、また新しい気持ちで夫婦として日常を楽しめればと思います。
夫婦として共に暮らし、生きていく限りは、コミュニケーションを常に良好な状態で保っていくことで、人生を幸せだと実感し、夫婦のお互いの大切さを忘れないでいることができるのです。

セックスは夫婦の大切なコミュニケーション

ところが、それを分かっていても、一度セックスレスが始まってしまうと、夫婦として再生することが不可能に感じてしまう夫婦が多いものです。
しっかりと夫婦お互いに気を配って大切な存在であることを意識してあげれば、セックスレスを解消することは難しいことではないはずです。
セックスは、夫婦がお互いを深く理解し合える大切なコミュニケーション手段です。
良いセックスをしていると、日常の夫婦の関係や家庭にも優しさや思い遣りが生まれ、温かい和やかな家庭をつくることができます。
温かい家庭になれば、子供は温かい心を持った人間に成長します。
やはり夫婦円満・家庭円満の秘訣はセックスにあり、といっても過言ではないのです。
それなら、自分の選んだ最愛の人と一日も早くセックスレスから脱け出して、もっと幸せを実感できるような夫婦関係を取り戻したいと思いませんか?

↑PAGETOP